>

何故求められるのか

医療事務と歯科助手

働く女性の資格と言ったら、医療事務の仕事の話を避けては通れないでしょう。
それほどにオーソドックスかつポピュラーな資格なんです。主にすることは、病院の受付窓口の応対や医療費用の計算などです。職場は全国の至るところにあり、引っ越しなどで場所が変わっても再就職する際にも、大いに役立ってくれるでしょう。
それと同じくらい人気なのが、歯科助手の資格です。
歯医者さんでの受付業務や、診療のアシスタントが業務内容です。人と接する機会が多いので、誰かと話すことが好きな人にはおすすめですね。医療事務と同様に職場が見つけやすいのも魅力の1つです。
また、学習期間はどちらもだいたい半年ほどで取得できるようなので、短期間で集中して学習ができるメリットもあるんです。

薬局と介護の事務

医療事務や歯科助手に次いで人気なのが、調剤薬局事務と介護事務の資格です。
調剤薬局事務では薬局での受付や請求業務を行います。ライフスタイルに合わせて仕事ができるのが嬉しいですね。
介護事務は、実際に働く介護士の人のサポート業務や介護報酬請求の業務を行う資格です。デスクワークでの作業がメインなので長く働くことができます。
どちらも人気の高い職種ではありますので、資格を持っていたほうがその職に応募する際に有利に働くことでしょう。
この章で紹介した資格は他のものに比べても、圧倒的に人気が高いです。結婚してから取得する人も多いようで、共働きの家庭などで、家事と両立しながらでも働きやすいからというのが理由のようです。


この記事をシェアする